のぼり旗の種類と その用途について

のぼり旗の種類について知りたい!その用途についても解説します!

「のぼり旗にはどんな種類があるのだろう。」

「各々ののぼり旗にどのような用途があるのだろう。」

のぼり旗について興味があるものの、種類やその用途を知らない方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、のぼり旗の種類やそれぞれの用途について詳しく解説します。

□のぼり旗のサイズ

のぼり旗にはいろいろなサイズがあり、サイズに応じて使用される場面や用途が変わります。

*レギュラーサイズ

高さが180センチメートルなので、屋外でアピールするには十分なサイズです。

飲食店のメニューや祭りなど、どこでも活躍できるのが特徴です。

もちろん室内でも使用できます。

宣伝にのぼり旗を使用する際、この大きさにしておけば十分な機能を発揮します。

*スリムショートサイズ

レギュラーサイズと比べて、縦横ともに小さいのがスリムショートサイズです。

小さい作りになっているので、大きい旗だと邪魔なときに便利です。

また、狭いスペースでの利用が一般的です。

*ジャンボサイズ

レギュラーサイズの1.5倍の大きさがあります。

そのため、注目を集めやすいです。

ライブ会場や、フェス会場など広い会場で使用されることが多いです。

*ミニサイズ

テーブルの上に置けるぐらい小さいのが特徴です。

レストランでメニューの宣伝や、スーパーで商品の特売をアピールするときに使われることが多いです。

□のぼり旗の種類

のぼり旗の形状の違いによっても特徴や用途が変わります。

*両面のぼり旗

その名の通り、両面にデザインできるのが特徴です。

表面と裏面に違うデザインを施せます。

透けにくい加工が施されているので、1枚ののぼり旗で2枚分宣伝できます。

のぼり旗の本数を抑えつつ、複数の宣伝をする時に効果的です。

*蛍光のぼり旗

蛍光色は明るいので、非常に目立ちます。

目に入りやすいので、交通案内や工事現場などの危険が予想される場面での注意喚起によく使用されます。

*セイルのぼり旗

通常ののぼり旗と形状が異なります。

風の抵抗を受けにくいので、非常に安定します。

よく使用されている旗とは違った風のなびき方をするので、印象に残りやすいです。

□まとめ

今回は、のぼり旗の種類やその用途について詳しく解説しました。

一見同じように見えるのぼり旗ですが、さまざまな大きさや形状があり、それぞれ用途が変わります。

使用用途に応じて適切な種類ののぼり旗を選んで、効果的に使用しましょう。

当社は、お客様に丁寧な接客を心掛けています。

何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です