のぼり旗のおしゃれなデザイン

専門家がおしゃれなのぼり旗のデザインのポイントについて解説します!

「のぼり旗のデザインの知識が欲しい」
「のぼり旗のおしゃれなデザインについて知りたい」

このように、のぼり旗のデザインについて知りたい方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
のぼり旗のデザインのポイントを抑えることで、おしゃれなのぼり旗が作れます。
そこで今回は、専門家がおしゃれなのぼり旗のデザインについて解説します。

□はじめに

のぼり旗はお店に人を呼ぶために用いられる方法の1つです。
風に吹かれてはためくのぼり旗は人の視界に入りやすいです。
一方で、視界に入ることと魅力を感じることは別です。
安っぽいといった印象を与えてしまうと集客は上手くいきません。
そのため、のぼり旗のデザインをおしゃれにすることが重要です。

□おしゃれにするポイント

*色を使いすぎない

のぼり旗において、色は重要なデザインの要素です。
1色だけしか使わない場合、安っぽいイメージを与える恐れがあります。
しかし、色を使いすぎることも厳禁です。
色の数が増えると配色が難しくなるため、3色以下がおすすめです。
また、補色を用いるときれいに見えます。
補色とは、色相環で正反対に位置する関係の色のことです。
例えば、赤の補色は緑、黄の補色は紫です。
このように、正反対の関係にある色をうまく使うことをおすすめします。

*文字を強調しすぎない

のぼり旗をおしゃれにするには、文字の大きさも関係しています。
文字を大きくしすぎないことと、文字を詰め込みすぎないことを意識しましょう。
伝えたいことが多いと、つい多くの文字を入れたくなります。
しかし、それではおしゃれなのぼり旗にはならないため注意が必要です。

*レイアウトを整理する

のぼり旗をおしゃれにするには、全体のバランスも重要です。
特定の文字やイラストが強調されすぎると、全体のバランスが崩れてしまいます。
お客様に安心してお店に入ってもらうために重要なことは目立つだけではありません。
全体のバランスのとれた、おしゃれなデザインであることが大切です。

*オリジナル性のある文字

筆文字や手書き風文字など、文字のオリジナリティも重要です。
当社では、店舗名やロゴマークの手書き原稿を提出して独自性のあるのぼり旗を作成できます。

□まとめ

今回はおしゃれなのぼり旗のデザインについてご紹介しました。
のぼり旗を使って上手く集客するためには、デザインがおしゃれであることが必須です。
少しの工夫でのぼり旗はおしゃれになります。
ぜひこの記事を参考におしゃれなのぼり旗をデザインしてみてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です