のぼり旗にキーワードを

のぼり旗にキーワードを適切に入れたのぼり旗を

以前は、のぼり旗を作る場合は染色でした。
日の丸の旗なども、染色していました。染物屋さんが作っていました。
作業時間と職人技が必要でした。
それが、シルク印刷の普及で一気に身近な物になりデザイン性のある「のぼり旗」や低コストの「のぼり旗」が作れる様になり商店街での「のぼり旗の数」も増えたと言われています。
シルク印刷は、のぼり旗だけの物ではなく、鉛筆や電化製品、自動車部品や衣料品等、数えたら限が無いほど色んな物に印刷する事が可能な印刷方法なのです。
しかし、印刷する素材に合せて印刷用のインクや版をを変えなくてはなりません。仕上りもインクによって盛り上がりの具合なども変わります。独特の印刷の世界があります。
シルク印刷をする為には、印刷用の版を作らなくてはなりません。その版を作る為にネガフイルムが必要で、ネガフイルムを作る為に原稿の写真取りや写植文字製作をする必要等がありました。シルク印刷をする為には、もっと他にも多くの工程があり、いわゆる版代が印刷するサイズや色数により数万円からの費用が必要な為、1枚・2枚の「のぼり旗」を作る事には、使用できず。数100枚の制作をしていたのが現実でした。
 近年パソコンの普及に伴い原稿をデザインする為の機材やソフトの発達で従来の様々な工程がいらなくなり、版による印刷ではなく、プリンタにより印刷が可能となりインクも従来の物とは変わり昇華インクと言われ、生地の中までしみこませる事が可能となり、大量ではなく小ロッド生産が可能になったのです。しかし、単色てあったり、制作部数が多い場(1,000枚を超える様な場合)は、従来通りにシルク印刷の方法がコストが安い為、現在も用いられています。
 小ロッド制作が可能になった事による、のぼり旗の普及は大きく、多くの商店やイベント等で使用される事が増えた事は間違いないと思われます。
近頃の「のぼり旗」は、色彩豊かで綺麗なのぼり旗が大変多くなりました。大手メーカーさんだけの宣伝方法ではなくなり、誰でも気軽に自分の目的に合った「のぼり旗」を立てる事が難なくできるようになりました。
中には宣伝だけが目的ではなく、事業イメージとしてご利用にされているお店も増えてきました。のぼり旗を意識して街の中を歩いていると、
色々なメッセージののぼり旗を見る事ができるようになりました。
単にラーメンだけではなく、野菜ラーメンとか家庭ラーメン・超々ラーメン・うどんラーメンもちろん、激旨ラーメン等と、世の中にそんな色んなラーメンって「あったっけ」と思うほどです。
大切なのはメッセージですね、どの様にして多くの方に興味を持ってもらうかが焦点なのでしょう。派手なだけではだめです。目立つだけでは問題です。大型のぼりも説得力はあるのでしょうが、
通行に邪魔だったり、隣近所に迷惑だったりと良く考えなければいけません。のぼりを立ててお店の評判を落としたのでは何の為の「のぼり旗」なのかですね。
見てくださる方に喜んでもらえる旗、
見てくださる方が得してもらえる旗をたくさん作りたいですね。^^
 単に景気付けののぼり旗も確かに必要ですが。そこにはメッセージがほしいです。言葉ばかりがメッセージではありません。それは、フォントであったり色であったり、写真等はすごくメッセージ性が高く、小さい子供さんでも良く解る物の一つです。
 他にはイラストも同じです。でも一番メッセージ性が高いのは「言葉です。」人間だけが理解できる物が「言葉」キーワードです。心に残る、人に訴える事のできる文章。場合によっては感銘さえ与え訴えたりもします。
のぼり旗にキーワードを適切に入れたのぼり旗をお考え頂きたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です