のぼり旗ポールの組立て

のぼり旗の組み立ての手順について解説します!

のぼり旗をお考えの方はいませんか?
「のぼり旗の組み立て方がわからない」
「のぼり旗を長持ちさせたい!」
このように、のぼり旗の組み立て方に不安をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
確かに、組み立て方を詳しく知っている方は少ないですよね。
そこで今回は、のぼり旗を組み立てる際の手順を紹介します。

□のぼり旗の作り方

のぼり旗のポールの組立ては、横棒を上のチチに通し、縦のチチをポールに通します。
 次に横棒の先端の上を上のチチにかけ、固定します。

まず、棒のキャップを開けると横棒が入っているので、横棒を上のチチに通し、縦のチチをポールに通します。
次に横棒の先端の上を上のチチにかけ、固定します。
キャップを回転させ、横棒を差し込み、高さを調節すれば完成です。

□のぼり旗の耐久性

*劣化に注意しよう!

劣化したのぼり旗は目立ちやすくなります。
結果的に、そののぼりを置いている店の印象も悪くなってしまうでしょう。
そのため、購入時は交換用ののぼりを購入し、見た目でわかるほどの劣化が始まると交換すると良いです。
比較的安価であるため、一度に多めに購入すると楽になります。

*色あせ

野外に設置していると、日数が経つにつれ徐々に色あせが起こります。
屋外では、常に雨や風、小さな粒子に晒されています。
そのため、3ヶ月ほどで色あせが出てしまうでしょう。
のぼり旗は直射日光に当たり続けると色あせが早くなります。
また、道のすぐ近くに置いている場合、車の排気ガスで劣化が早くなるでしょう。
常に屋外に置くのではなく、営業時間外では店内に入れるように工夫しましょう。

*ほつれについて

のぼりは生地繊維でできているため、ほつれが起こってしまいます。
風が強い場所に放置し続けると、1週間ほどでほつれが起こることもあります。
ほつれを起きにくくするために、3つ巻き縫製といったオプション加工があるため、それを利用しましょう。
設置する際は、近くに木や壁がない場所に設置すると長持ちしやすいでしょう。
風が強い時は、ポールが倒れてしまったり、ポールに旗が巻きついてしまったりするため、屋内にしまっておく方が安全です。

*長持ちさせる方法

撥水スプレーを旗の部分につけると比較的長持ちするでしょう。
通常の洗濯で色が褪めることはありませんが、のぼりは擦れると痛みやすい特徴があります。
そのため、風雨が激しい日には設置を控えることが大切です。

□まとめ

今回は、のぼり旗を組み立てる際の手順を紹介しました。
当社では、のぼり旗についてのご相談を随時受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です