のぼり旗の種類分け

のぼり旗の種類について詳しく解説します!

のぼり旗を考えている方はいませんか?
「のぼり旗を置きたいけれど、どんなものがあるかわからない」
「のぼり旗の種類について詳しく知りたい!」
このように、のぼり旗にご興味をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
のぼり旗の種類について詳しくご存知の方は少ないかもしれません。
そこで今回は、のぼり旗の種類について紹介します。

□のぼり旗の種類について!

のぼり旗の種類分けするとすれば、棒袋のぼり、両面プリントのぼり、蛍光のぼり旗、のぼり旗のサイズ等が考えられます。

のぼり旗は、商店街や繁華街、お祭りなど幅広く使用できます。
シンプルに制作できるため、値段は安く、初めての方にはおすすめだと言えるでしょう。

*スウィングバナー

スウィングバナーは船やヨットの帆のような形をしています。
サイズも豊富に用意されているため使い勝手が良いです。
中古車屋の装飾によく使われています。
スウィングバナーはよく目立ち訴求力もあるため、多くの場面で使われるようになってきています。

*棒袋のぼり

棒袋のぼりは、印刷面とポールをつなぐチチと呼ばれる部分を棒状に仕立て、外観をおしゃれにしています。
プリント面を大きくしているため、カフェやイベントでのオーダーが多いと言えるでしょう。
耐久力が高く、長く使いたい方に向いていると言えるでしょう。

*両面プリントのぼり

表と裏の両方にオリジナル印刷を施すことで、より高い販売促進効果を狙えます。
通常タイプは透けを活かしたつくりなので、裏面のデザインが反転します。
一方で両面プリントの場合、片面の柄が透けないため、反転しません。
また、裏表で別のデザインを選べるため、2倍の情報量になるでしょう。

*蛍光のぼり旗

蛍光ポンジの生地を使ったのぼり旗は発色がよく目立ちます。
黄色は特に人の注意を引くため、交通安全の周知や飛び出し防止ののぼりに多く使われています。

□のぼり旗のサイズ

*レギュラーサイズ

一般的な大きさなので、屋外で大きくアピールしたいときに適したサイズです。
高さが180センチあるため、歩行者だけでなく、走行中の車からも見やすいでしょう。

*ジャンボサイズ

レギュラーサイズの1.5倍ほどのサイズがあります。
そのため、遠くからでもよく見え人目を引きます。
コンサートでアーティストの名前を並べたり、広い場所でアピールしたりと幅広い使い方ができるでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗の種類について紹介しました。
当社ではのぼり旗についてのご相談を受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です