のぼり旗が目立つためのポイント

のぼり旗を考えている方へ!目立ちやすい色について解説します!

のぼり旗の色選びで迷っている方はいらっしゃいませんか?
のぼり旗の色は集客効果を大きく左右する要素だと言われています。
初めてのぼり旗を検討されている方の場合、色選びを難しく感じるでしょう。
そこで今回は、のぼり旗が目立つためのポイントをご紹介します。

□のぼり旗のポイントを解説します!

のぼり旗が目立つためのポイントは一般的には、赤やオレンジ、黄色といった暖色系の色の方が、誘目性が高いと言われています。

*誘目性

誘目性とは、意識していない状態でも自然に目に入りやすく、人の注意を引く度合いを指します。
一般的には、赤やオレンジ、黄色といった暖色系の色の方が、誘目性が高いと言われています。
安全標識でも、黄色が多く使われていますよね。
作業用のオレンジ色のベストや、工事現場のトラテープも誘目性の観点から色が定められています。

*視認性

視認性は目で見たときの認識のしやすさの度合いを表しています。
視認性は、色の度合いよりも、背景との明るさの違いで決まります。
同じ色でも、背景の色が黒の場合と白の場合では、視認性が変わります。
背景が白の場合の方が視認性は下がるでしょう。

*2つのポイントを利用する!

誘目性を上げれば、アイキャッチの効果を高められます。
また、視認性を高めることで、内容がわかりやすい、読みやすいと感じさせます。
この誘目性と視認性という2つのポイントを利用することで、目立つのぼり旗を作れるでしょう。

*補色配色を利用しよう!

補色配色とは、色相環で反対の色を用いることで、色相の差を高め、よく目立つ色にできます。
しかし、色相環による補色配色も万能ではなく、組み合わせる色によっては、誘目性も視認性も低くなってしまいます。
そのため、配色には注意しましょう。

*縁取りには注意しよう!

目立たせるように縁取りをしようと思っている方は多くいらっしゃいますよね。
しかし、配色次第では見えにくくなってしまいます。
そのため、配色の色で悩んでいる場合は、縁取りをしない方が無難だと言えるでしょう。

□のぼり旗のサイズ

*レギュラーサイズ

一般的なのぼり旗のサイズは、高さ180センチメートルで幅60センチメートルです。
走行中の車からも見えやすい高さになっており、場所を選びません。

*ジャンボサイズ

レギュラーのぼりの1.5倍ほどのサイズがあります。
会場が広い場合や、遠くの人の目を引きたい場合に使えるでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗を目立たせる色を紹介しました。
当社では、のぼり旗についてのご相談を随時受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です