のぼり旗の役割

のぼり旗の役割について詳しく解説します!

のぼり旗をご検討中の方はいませんか?
「のぼり旗の役割がわからない」
「のぼり旗って意味あるのかな?」
このように、のぼり旗について詳しく知りたい方は多くいらっしゃると思います。
確かに、のぼり旗の役割について詳しく知っている方は少ないですよね。
そこで今回は、のぼり旗の役割を紹介します。

□のぼり旗の役割

のぼり旗には、イベントの宣伝や周知、スポーツチームや選手の応援、店舗の装飾や商品の販促として使われています。

*のぼり旗の役割

のぼり旗には、イベントの宣伝や周知、スポーツチームや選手の応援、店舗の装飾や商品の販促として使われています。
店の軒先にのぼりを置くと、通行人の視認性をあげ、集客や売上アップの効果があります。
大きな旗が立っていると自然と人の目はそこに注目しますよね。
広告としてお役割だけでなく、ここで商品を売っている、ここに観光できる場所があるといったといった人が気づくための目印だと言えるでしょう。
どんなに良いものがあっても、気づいてもらわなければ始まりません。
そのため、のぼり旗は集客に重要な役割を果たしています。
情報量の多い広告は見る気にはなりませんよね。
のぼり旗も同様に多様なアピールは不要だと言えるでしょう。

*昔の風習が残るのぼり

神社では紅白でシンプルなのぼり旗が置かれていますよね。
神社ののぼりは、神事の際に神様が降りてくるための目印である「招代」の意味を持ちます。
また、神社に奉納している地元の人への感謝の印として名前の入ったのぼりを立てているケースもあります。
また、相撲でものぼり旗が使われています。
相撲ののぼりは大きく、色とりどりですよね。
しかし、相撲ののぼりは黒星を連想させない黒色が使われないようにデザインされています。

□のぼり旗のメリット

のぼり旗と看板の違いはどこにあるのでしょうか。
のぼり旗のメリットを見ていきましょう。

*コストパフォーマンスが良い

大きな看板を作成し、常設するためには大きなコストがかかります。
しかし、のぼり旗は安価に作成できるため、コストパフォーマンスが良いでしょう。

*誘導にも使える

イベントの開催地が駅から遠い場合、のぼり旗を複数設置することで目的地まで誘導できるでしょう。
看板の場合は簡単には移動させられませんよね。
のぼり旗は移動させるのが楽で、収納の際もそれほど場所を取らないため、便利です。

□まとめ

今回は、のぼり旗の役割を紹介しました。
当社では、のぼり旗についてのご相談を随時受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です