のぼり旗の見せ方

のぼり旗を効果的に見せるための色選びのポイントとは?

お店を宣伝していくための広告として、のぼり旗は集客効果が期待できるツールです。
しかし、のぼり旗を設置したけれども、思っていたより集客に繋がっていない場合もありえる話です。
ほとんどの場合、その原因はのぼり旗の「色」に問題があると考えます。
「色」は人が興味を引く大事な要素となっているので、しっかりと検討する必要があります。
そこで今回は、のぼり旗を効果的に見せるための色選びのポイントについて紹介していきます。

□視認性と誘目性

のぼり旗を効果的に見せるためには、目立たせる必要があります。
のぼり旗を目立たせるためのポイントとして、視認性と誘目性が挙げられます。
視認性とは目で見たときの見やすさのことを指します。
視認性を高くするには、背景色と文字色の組み合わせを考えなければなりません。
例えば、文字色が黄色の場合、背景色が黒色の場合は視認性が高まり、同じ黄色でも、背景色が白色の場合は、視認性が下がります。
また、誘目性とは様々な色が存在する中での目立ちやすさのことを言います。
一般的に、誘目性の高い色とは、赤や黄色、オレンジなどの暖色系の色となります。
例えば、禁止や危険を表す標識には、このような色が使われていますよね。
視認性と誘目性、この2つを高めることが、のぼり旗を効果的に見せるためのポイントとなるのです。

□色の3大要素を考える

色には、色相、明度、彩度の3大要素があります。
この3大要素に着目して色に変化を付けることによって、のぼり旗を効果的に見せることができます。
例えば、文字色と背景色に彩度の変化を付けることによって、派手な印象や地味な印象ののぼり旗を作ることができます。

□色に対するイメージを考える

のぼり旗を効果的に見せるためのポイントとして、視認性と誘目性、色の3大要素を挙げましたが、色に対するイメージがお店の雰囲気に合っていることも大事です。
例えば、パステル系の色が似合う穏やかで落ち着いたお店なのに、赤やオレンジのような元気で明るい色を使ってしまっては、お客さんは違和感を覚えてしまい、集客に繋がりません。
お店の雰囲気とのぼり旗の色のミスマッチがないようにしましょう。

□まとめ

ここまで、のぼり旗を効果的に見せるための色選びのポイントについて紹介しました。
こちらで紹介したように、色選びにはポイントがあります。
のぼり旗の色もしっかりと考えて、どのようなのぼり旗を設置することが集客に繋がるのかを覚えておきましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です