のぼり旗の設置方法

ここに注意!のぼり旗の設置方法と気を付けること

「のぼり旗を設置しようと考えているが、その方法や注意点は?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて今回は、のぼり旗の設置方法とその際の注意点をご紹介します。

□設置方法に合った備品の用意

のぼり旗の設置方法は、主に「注水台を使って直立させる方法」と「フェンスやガードレールに巻き付ける方法」の2パターンがあります。
どちらのパターンかによって、必要な備品は異なります。
「注水台を使って直立させる方法」の場合は、のぼり旗用のポールと注水台の2つが必要になります。
一方、「フェンスやガードレールに巻き付ける方法」の場合は、のぼり旗用のポールと巻き付けるための紐が必要です。
のぼり旗のポールには、長さを調節できるものもあるので、一番使い勝手がいいと思えるものを購入するとよいでしょう。

□実際の設置方法と注意点

備品の準備が終わったら、実際にのぼり旗を取り付けていくことになりますが、実際の設置はポールをのぼり台に差し込んだり、フェンスに紐で巻き付けたりするだけなので、非常に簡単です。
それよりも知っておくべきことは、「どこに、どう設置するか」ということです。
「どこに、どう設置するか」については、以下のことに注意するとよいでしょう。

*どこに設置するか

のぼり旗は多くの場合、多くの人を店舗やイベント会場に誘導するために設置されていますよね。
そのような場合は、多くの人の目に留まる場所や、店舗やイベント会場までの動線中にのぼり旗を設置するとよいのではないでしょうか。

*どう設置するか

「どこに設置するか」は非常に大切ですが、複数ののぼり旗を設置する場合は、「どう設置するか」も同じくらい大切です。
具体的な方法は、間隔とバリエーションを工夫することです。
間隔については、のぼり旗とのぼり旗の間隔を1m80cmにするのが最も効果的だと言われています。
この間隔は、昔から「一間」と呼ばれて日本人に親しまれてきた単位で、ドライバーにも歩行者にも見やすい間隔ですよ。
バリエーションについては、1本1本色や内容を変えて、通行人の目に留まりやすくする設置方法もありますし、複数本あるうちの1本だけ内容を変えることで、伝えたい内容を明確化する設置方法もあります。

□まとめ

のぼり旗を設置する際は、設置方法に応じて必要な備品を揃え、目的に合わせて「どこにどう設置するか」を工夫するとよいでしょう。
のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です