のぼり旗のデザインの注意点

意外と知らない?のぼり旗のデザインの注意点とは?

「のぼり旗を作ろうと考えているけど、デザインの際の注意点は?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて、今回は、のぼり旗を作る際のデザインの注意点をご紹介します。

□デザインの注意点

のぼり旗のデザインにおいて注意点はたくさんありますが、これらの注意点の多くに共通するのは、「見やすいかどうか」という基準です。
のぼり旗を目にする人には、車に乗っている人もいれば、自転車に乗っている人もいます。
そのため、より多くの人からのぼり旗を見てもらうためには、「見やすいかどうか」が大切なのです。
では早速、具体的な注意点をご紹介します。

*シンプルなデザインにする

通行人には車や自転車に乗っている人もいますし、のぼり旗は風でなびきます。
より多くの人の目に留まるデザインとなるように、
「最大でも6、7文字くらいの少ない文字数にする」
「一番伝えたいことは大きく配置する」
「最大でも2、3色くらいの少ない色数にする」
「鏡文字でも読めるように、英語や漢字はあまり使わない」
などの注意点を意識するとよいです。

*配色を工夫する

デザインをシンプルにすることに加えて、配色を工夫することも、多くの人の目に留まるのぼり旗を作るために重要となるでしょう。
具体的には、
「補色を使って、文字を際立たせる」
「時間帯によって、見やすい色とそうでない色があることを理解する」
ことなどが挙げられます。
例えば、黒は昼に映えますが、夜には映えないですよね。
また、
「壁や自然などの風景に同化しない色を使う」
などの注意点を意識すると良いですよ。
のぼり旗のデザインというと、フォントやイラスト・写真をどうするかに意識が向きがちですが、配色も非常に重要なので、配色の工夫も怠らないようにするとよいでしょう。

*イラスト・写真を工夫する

のぼり旗をデザインする際、イラスト・写真を挿入する方も多いでしょう。
そのような場合は、文字だけでなくイラスト・写真にも注意が必要です。
「季節感のある商品を売りにしているなら、季節感のある写真を使ってみる」
「人は縦長のものを見る際、上から理解していく癖があるため、一番伝えたい文字をのぼり旗の上部に配置し、イラストを下部に配置する」
などの注意点を意識すると、より見やすいのぼり旗になるのでしょう。

□まとめ

のぼり旗のデザインには、「見やすさ」が大切です。
のぼり旗のデザインの注意点はたくさんありますが、
「シンプルなデザインにする」
「配色を工夫する」
「イラスト・写真を工夫する」
などの注意点を意識すると、より見やすいのぼり旗になるでしょう。


のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です