のぼり旗の収納方法と寿命

のぼり旗の収納方法とは?寿命についても詳しく解説します!

「のぼり旗の寿命はどれくらいなのだろう。」

「長く使うために正しい収納方法を詳しく知りたい。」

のぼり旗を長く使用したいと思っても、適切な収納方法を知らない方多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、のぼり旗を長く使うために正しい収納方法を詳しく解説します。

□そもそも旗の寿命とは

のぼり旗の寿命と言われても、使用できる場合もあってどのような状況かわかりにくいですよね。

一般的に、「色あせ」「傷がつく」「破れた」といった場合は寿命だと言われています。

それぞれの原因と、対処法を知ってから、適切な収納方法を知る必要があります。

□色あせ

*原因

色あせの原因は主に、直射日光であることがほとんどです。

*対処法

直射日光が原因なので、なるべく直射日光が当たりにくい日陰に設置するのが一番です。

また、直射日光が当たってしまう場合は、その時間をできるだけ短くすることが重要です。

□小さな傷

*原因

旗に小さな傷がついてしまう原因は、主に砂や小石などの飛散物です。

*対処法

生地が傷んでしまうと、ほつれが生じてしまい、寿命が早く縮まります。

砂や小石が飛散しにくい場所や、角や端が接触しない場所に設置すれば傷がつきにくいです。

□破れ

*原因

のぼり旗が破れてしまう原因は、主に共チチと生地の裁縫箇所が裂けることがほとんどです。

*対処法

共チチを使用する場合は、破れやすい部分を初めから補強することが大切です。

それでも破れてしまうので、棒袋仕様の旗にするのがおすすめです。

□のぼり旗の寿命を延ばす収納方法

ずっと外に出したままだと、直射日光にさらされる時間や風で砂や小石による被害を受けてしまう時間が増えます。

そのため、収納は必要不可欠です。

しかし、ただ収納すれば良いというわけではありません。

のぼり旗をたたんでしまうと折り目がついてしまいます。

そのため、見栄えが悪くなってしまう上に、破れる原因につながります。

もし、専用の袋がある場合、その袋をぜひ活用しましょう。

一方で、専用の袋がない場合は、筒に巻きつけて保管するのがおすすめです。

また、収納する場所に関しては、湿度の低い乾燥した場所に保管しましょう。

なぜなら、カビが生えてしまうことで、のぼり旗は使えなくなってしまうからです。

□まとめ

今回は、のぼり旗の寿命を延ばす収納方法について詳しく解説しました。

当社では、のぼり旗に関するご相談を随時受け付けています。

専門家がお客様のご相談に親身に向き合い、最適な設計プランをご用意します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です