ぼり旗の効果的な配置の仕方について

のぼり旗を効果的に配置するには?業者が詳しく紹介!

「のぼり旗を複数設置する際、どのように配置すれば良いか分からない」
このように考えているお店のオーナーの方は多いのではないでしょうか。
今回は、そのような方のために、のぼり旗の効果的な配置の仕方について紹介していきます。

□配置する際の間隔

原則、どの配置の仕方を選ぶにしてものぼり旗とのぼり旗の間の長さは1.8mになるようにします。
これは車で走行中の方・歩行中の方、どちらの方にとっても、のぼり旗の内容をスムーズに認識できる適度な長さです。
もし間隔をこれより狭くすると、お店が隠れてしまう、見る人に圧迫感を与えるといったことが起きやすいです。

□4つの効果的な配置の仕方

基本的に、のぼり旗は道路に面した場所で通行人の邪魔にならないように整然と並べることで人の目に留まりやすくなります。
ここでさらに、のぼり旗を工夫して配置することでより効果的にお店を宣伝できます。
紹介するそれぞれの配置の仕方によって演出できる雰囲気が違うので、目的に合った配置の仕方を選ぶことが大切です。

*同じのぼり旗を1列に並べる

全く同じのぼり旗を1列に並べると統一感が生まれ、見る人に上品な印象を与えます。
そして、非常に強い訴求力を持つので、のぼり旗の集客効果を高めることができます。

*同系色ののぼり旗を1列に並べる

遠くから見ると上品なイメージを与えますが、近くから見るとバラエティー豊かな印象を受ける配置です。
ブランドイメージを強調しつつ、かつ、多くの商品をPRしたいといった目的ならこの配置をおすすめします。
商品のバリエーションに自信があるお店に向いた配置です。

*1本のみ違う色と内容ののぼり旗にする

並んでいるのぼり旗の中で1本だけ他とは異なる色と内容ののぼり旗があると、そののぼり旗は非常に目立ちます。
そのため、アピールしたい内容が1つに絞れている際に、その内容ののぼり旗の色と内容を、他と変えて配置することで、その内容が通行人により伝わりやすいです。

*それぞれ異なる色ののぼり旗を1列に並べる

様々な色ののぼり旗を1列に並べることで華やかな雰囲気を作れます。
イベントやセールといった特別な日にこの配置を行うと良いです。

□まとめ


今回はのぼり旗の効果的な配置の仕方についてご紹介しました。
この記事を参考に、のぼり旗を効果的に配置して集客をアップさせてくださいね。
また、当社はのぼり旗のデザインを無料で制作しております。
のぼり旗のことに関して何かお悩みの方がいらっしゃったら、ぜひ当社へご連絡ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です