オリジナリティのあるデザインののぼり旗

のぼり旗の効果的なデザインとは?徹底解説します!

のぼり旗は集客や宣伝のために使う1つの道具です。
そんなのぼり旗を制作してお店の前に設置しようと考えているオーナーさんは多くいらっしゃると思いますが、せっかく作るのなら、より集客効果の高いのぼり旗を作りたくありませんか。
そこで、この記事ではのぼり旗の効果的なデザインについてご紹介します。

□大きい文字

まず、大きい文字でデザイaンした方が高い宣伝効果を見込めます。
なぜなら、遠くの人でものぼり旗を視認しやすいため、より多くの人にのぼり旗の内容を理解してもらえるからです。
基本的にのぼり旗は遠くの通行人やドライバーさんに向けて宣伝しますので、のぼり旗の文字は、そのような方が読める大きさにすることが重要です。

□暖色系の配色

人の目を引きつける度合いのことを誘目性と呼びますが、赤・黄色・オレンジといった暖色系の色は誘目性が高いです。
禁止や危険を表す標識に赤や黄色を使ったものは多いですよね。
これは、誘目性を高めて人の注意を引きつけるためです。
一般的に寒色系よりも暖色系の色が高い誘目性を持つと言われています。
つまり、暖色系の色を使うことで目立つのぼり旗が作れるということになります。

□伝えるメッセージは1つ

1つののぼり旗に対し、込めるメッセージは1つにします。
なぜなら、欲張って1つののぼり旗にメッセージを詰め込むと内容を理解しにくくなり、何1つ伝わらない可能性があるからです。
それでも、伝えたいメッセージが複数ある場合は、のぼり旗を複数枚、メッセージの分だけ用意すると良いです。

□オリジナリティ

オリジナリティのあるデザインののぼり旗を設置しているお店は興味をもたれやすいです。
実を言うと、のぼり旗のデザインはありきたりなものが多いというのが現状です。
その中で、これまで見たことのないデザインののぼり旗は人の目を引くため、お店に興味を持ってもらいやすいです。
つまり、オリジナリティの溢れるデザインののぼり旗は来店のきっかけになるということです。

□まとめ

ここまで、のぼり旗の効果的なデザインについてご紹介しました。
今回紹介したデザインのポイントを参考にしながら、のぼり旗の制作・設置を進めて下さいね。
また、当社はのぼり旗のデザインを無料で作成するサービスを行っています。
さらに、のぼり旗のデザインに詳しい専門のデザイナーもいます。
今回の記事を読んで、のぼり旗のデザインについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、当社まで、お気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です