自作しようと考えている

のぼり旗のデザインを自作する方法!そのコツを紹介!

宣伝や集客の際に重要なツールとしてのぼり旗がありますが、のぼり旗を自作しようと考えている方はいませんか。
そこで今回は、のぼり旗のデザインを自作する際のコツを紹介していきます。
どうすればのぼり旗のデザインを上手く自作できるか知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

□伝える内容は簡潔にする

まず、のぼり旗はお客様が一目ですぐに内容が伝わるものでないといけません。
そこで、のぼり旗に載せる内容は簡潔に表現することで、何を伝えたいのかが一発でわかるようになります。
例えば、「車の修理を行います」といった内容を伝えたい場合、「車修理」とのぼり旗に載せるだけで十分に伝わります。
さらに、文字数が少ないことによって全体的にすっきりとして、見えやすくなります。
このように、のぼり旗に言葉を載せる際はできるだけ簡潔な表現を使うように心掛けることが大事です。

□フォントを工夫する

のぼり旗を自作する際にお店のコンセプトにあったフォントを選びます。
なぜなら、お店の雰囲気とフォントが対応していると、のぼり旗を目にした人はどんなお店かを想像しやすくなるからです。
結果的に、お店に入ってみようという気持ちになりやすいです。
具体的には、柔らかい雰囲気なら、丸みを帯びたフォントを使うといった工夫を凝らすことが大切です。

□配色に気を遣う


遠くからでものぼり旗に気付いてもらうためには目立つ色を使う方が良いです。
そのため、紺色や黒といった暗い色ではなく、赤や黄色といった鮮やかで明るい色がおすすめです。
また、色味が薄い生地の上に、色味が薄い色の文字を重ねると、のぼり旗が全体的にぼやけて見えてしまいがちです。
のぼり旗の生地と文字の色はコントラストをつけてインパクトを持たせるよう注意することが大事です。
更に、のぼり旗を設置する周辺の背景色と同化しないように、のぼり旗の生地と文字の色を選ぶとより良いです。

□まとめ


ここまで、のぼり旗のデザインを自作する際のコツを紹介しました。
のぼり旗はお客様に読んでもらえる伝わりやすいデザインにすることが重要ですね。
しかし、のぼり旗のデザインを自作することは大変ですので、のぼり旗のデザインについて専門的な知識を持った業者に頼む方が良い場合が多いです。
当社はのぼり旗のデザインを1枚から無料で作成するサービスを実施しております。
そのため、今回の記事で読んで、やはりのぼり旗のデザインを自作することは難しいとお悩みの方がいらっしゃったら、当社へお気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です