のぼりを効果的に利用

のぼり旗のデザインの注意点について解説します!

のぼり旗をお考えの方はいませんか?
「のぼり旗の注意点について知りたい!」
「のぼり旗のデザインってなんでもいいの?」
このように、のぼり旗のデザインに関して疑問をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。
確かに、デザインの注意点について知っている方は少ないですよね。
そこで今回は、のぼり旗をデザインする際の注意点を紹介します。

□デザインする際の注意点とは?

のぼりを効果的に利用する際には、ターゲットをしっかりと意識する必要があります。

*季節を感じさせよう

同じのぼりでも季節ごとにデザインを変えてみましょう。
飲食店の場合、通年食べられる料理でも、背景の色次第で与える印象が変わってきます。
背景が青いそばののぼりを見たら、冷やしそばやざるそばをイメージしますよね。
一方で、背景が赤いそばののぼりを見ると温かいそばをイメージするでしょう。
そのため、背景の色が与える印象は強いと言えます。
季節ごとに背景の色を変えることで、目につきやすく集客効果のあるのぼり旗を作れるでしょう。

*時間帯によって色が変わる!

のぼりは時間帯によって見え方が変わります。
背景が黒っぽい色の場合、日光の下でははっきりと見えますよね。
しかし、夜になると、暗さに溶け込んで見えにくくなります。
常に見やすい色を選ぶ場合は、明度と彩度が高い色を使いましょう。

*場所とデザインの関係性を持たせよう!

置く場所の背景の色を想像してデザインしましょう。
周りの色と同化してしまってはのぼりの効果が十分に発揮できません。
そのため、周りの色と比べて明るい色を使うことでより目立てるでしょう。

*遠くから見てもわかるように!

のぼり旗は基本的に情報量が少ないです。
しかし、より多くの情報を詰め込もうとして文字を小さくしてしまう方は多いです。
情報量が多い広告の内容は読む気になりづらいでしょう。
そのため、のぼり旗の内容はわかりやすい言葉を入れるのが一般的です。
その横に詳細な情報を付け加えると、大きな文字で興味を持った人が見てくれるため有効になるでしょう。

*ターゲットを考えよう

のぼりを効果的に利用する際には、ターゲットをしっかりと意識する必要があります。
ターゲットを意識していないと、のぼり旗が十分な効果を発揮できません。
「車でドライブしている人に気づいて欲しい」、「歩いている旅行者に気づいてもらいたい」といったターゲットを明確にすることで、デザインの方向性が決まってくるでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗をデザインする際の注意点を紹介しました。
当社では、のぼり旗についてのご相談を随時受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です