のぼり旗をDIYで作成する方法とは

のぼり旗をDIYで作成する方法とは?業者とどっちが良い?

「のぼり旗をDIYで作りたいが、作り方がよく分からない」
「のぼり旗は自分で作るべきか業者に頼むべきか分からない」
このような悩みをお持ちの店舗のオーナーの方は多いのではないのでしょうか?
そのような方々に向けて、のぼり旗の自作の方法や注意点、また業者に頼んだ場合との比較についてお伝えします。

□効果的なのぼり旗とは?

苦労して自分でのぼり旗を作っても、通行人やドライバーの目に留まらなければ意味がありません。
人の視線は常に動いており一か所をずっと見ることはあまりなく、運転中や歩行中はなおさらです。
そんな時にも効果が出るのぼり旗の作成方法について解説します。

□のぼり旗作成のコツ

*他ののぼり旗を参考にする

何も知識のない状態からのぼり旗を作成するのは難しいです。
自分の業種に関するのぼり旗を調べて参考にしましょう。
しかし、気に入ったのぼり旗を見つけても、そのデザインをそのまま真似てしまうと著作権侵害になってしまうので注意しましょう。

*文字は大きくシンプルに

遠くから見た人にも内容が伝わるように文字のサイズは大きくしましょう。
文字を詰め込みすぎても内容が伝わりづらくなるため、自分の伝えたいことを絞ってのぼり旗に書くようにしましょう。
デザインに凝りすぎて読みにくいフォントを使ってしまうのもあまり良くありません。

*店の雰囲気にあったデザインにする

色は、それぞれその色にあったイメージを持っています。
目立たせることも大切ですが、お店の雰囲気とかけ離れた配色にならないように注意しましょう。
また、フォントの雰囲気も大切です。
子供向けのお店の場合は、丸文字を使うといったように、店にあったフォントを選びましょう。
のぼり旗を設置する場所の背景についても注意が必要です。
背景と同系色ののぼり旗は、背景に溶け込んで目立たなくなってしまいます。
のぼり旗を製作するときには、立てる場所を想像しながら作成しましょう。

□業者に依頼する

ここまでのぼり旗を自作する方法について説明しましたが、実際にデザインを決めるとなるとどうすればよいのか迷ってしまう方も多いかと思います。
材料をそろえるのにも時間がかかりますし、のぼり旗を何本も作ろうと思うととても大変です。
そのような方には、のぼり旗製作の業者に依頼することをおすすめします。
業者には、目立つのぼり旗を作るノウハウや手法があります。
また、プロのデザイナーが無料でデザインを考えてくれる業者も多いです。
高いクオリティののぼり旗をそれほど高くない価格で製作してくれるので、お悩みの方は一度相談に行かれてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、のぼり旗を自作するときのコツをお伝えしました。
自作が難しいという方は、業者に依頼すれば満足のいくのぼり旗を作ってくれるでしょう。
せっかく費用をかけて製作するなら、集客効果の高いのぼり旗を作りたいですよね。

当社では、のぼり旗のご注文を1枚からデザイン無料で承っております。
のぼり旗の製作をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です