のぼり旗を設置するときの注意点

意外と知らない?のぼり旗を設置するときの注意点!

「のぼり旗を設置したいけど、どのようなことに注意して設置すれば良いのかわからない」
このような悩みをお持ちの店舗のオーナーの方は多いのではないでしょうか?
のぼり旗は、店舗の場所や駐車場の大きさなどに合わせて設置する必要があります。
そこで今回は、のぼり旗を設置する際に、より効果的に店をアピールするための注意点についてご紹介したいと思います。

□設置する際の注意点

のぼり旗を設置する際は、「どこに」「どのように」に注意する必要があります。
下記では、それらのことに関して解説します。

□どこに設置すればよいか?

設置場所は、のぼり旗の宣伝効果を高めるためのとても重要なポイントなので注意が必要です。
たくさんの人を店舗に誘導するためには、多くの人の目に留まる場所にのぼり旗を設置するのがおすすめです。
また、のぼり旗を見て、「そのお店に行きたい」と思っても、店への道順が分からなければたどり着けません。
そのため、のぼり旗と店舗の両方が視界に入るような場所に設置したり、のぼり旗に店までの道順を書いたりすると良いでしょう。

□どのように設置すればよいか?

のぼり旗は、たくさん設置すれば良いものではありません。
のぼり旗が多すぎると、お客様の通り道を妨害し、圧迫感を与えてしまうので注意してください。
のぼり旗の間隔とバリエーションを意識することで、効果的に通行人やドライバーにアピールしましょう。
のぼり旗とのぼり旗の間隔については、1m80cmを目安にするのが良いと言われています。
この間隔は、「一間」と言い日本人が古くから親しんできた単位で、ドライバーや歩行者にとってのぼり旗の内容を認識しやすいそうです。
のぼり旗の並べ方のバリエーションによっても、お客様に与える印象は大きく変わります。
いくつかのバリエーションとお客様に与える印象については以下を参考にしてください。

*同じ種類ののぼり旗を並べる

専門店としてのブランドイメージが強調されます。
旗の統一感が生まれ、訴求力が高くなります。

*似た色ののぼり旗を並べる

内容が違っても同系色であれば、遠くからでは統一感があるように感じ、近くではバラエティ豊かに見えます。
字体やデザインをそろえることでさらにまとまりがよく見えます。

*1本だけ違う色

いくつかののぼり旗の中で、一本だけ違う色ののぼり旗を立てることで、目立たせるとともに内容をアピールできます。

*異なる色ののぼり旗を組み合わせる

カラフル感がありますので、華やかさやにぎやかさを演出できます。
閉店セールやイベントなどに最適です。

□まとめ

今回は、のぼり旗設置の際の注意点についてお伝えいたしました。
のぼり旗を設置する際は、「どこに」「どのように」設置するかを工夫することで宣伝効果が高まるということが分かっていただけたかと思います。

当社では、のぼり旗のご注文を1枚からデザイン無料で承っております。
のぼり旗の製作をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です