おすすめの設置方法

のぼり旗の集客効果を高めるおすすめの設置方法を紹介!

「のぼり旗を効果的に設置する方法が分からない」
このような悩みをお持ちの店舗オーナーの方は多いのではないでしょうか?
今回は、のぼり旗の集客効果を高めるためのおすすめの設置方法についてお伝えします。

□注意点

のぼり旗の集客効果を高めるためには、デザインと配置に関する工夫が必要になります。
ここでは、それぞれの注意すべき点について詳しくお伝えします。

□デザインに関する工夫

*アピールポイントを簡潔に伝える

アピールしたいものがたくさんあったとしても、情報の詰め込みすぎには注意しましょう。
まず、自分が売りたいものや注目してほしいものを明確にします。
伝える内容をシンプルにすることで歩行者やドライバーの目に留まりやすくなり、集客効果が上がります。

*オリジナリティを出す

のぼり旗はコストパフォーマンスが良く、屋外の広告媒体にはよく用いられています。
だからこそ、似たようなデザインののぼり旗も多く、他店と差別化するにはオリジナリティのあるワードが欠かせません。
外国人旅行者をターゲットにして、のぼり旗の一部を外国語にするのも効果的でしょう。
また、商品の良さを引き立てるキャッチコピーも大切です。
既存のキャッチコピーではなく、思わず足を止めてしまうようなオリジナルのキャッチコピーを考えるとよいでしょう。

*言葉を具体的にする

表現が抽象的すぎると何を売りにしているのか伝わりにくくなります。
セールをする際も、「40%off」など具体的な数字を入れると集客効果は上がるでしょう。

*色の視覚的効果を利用する

のぼり旗の設置場所の周囲の色を確認しておきましょう。
同系色ののぼり旗は、背景と混じってしまって目立たなくなります。
また、季節に合った配色も意識しましょう。

□配置に関する工夫

*一種類ののぼり旗を並べる

同じのぼり旗を並べることで統一感が生まれ、ブランドイメージが伝わりやすくなります。

*色を統一する

遠くからだと統一感があり、近くからだとバラエティ豊かに見えます。
字体やデザインをそろえることで、さらにまとまりよく見えるのでオススメです。

*デザインを統一する

デザインは同じで配色だけを変えることで、華やかさと存在感を感じさせられます。

*一本だけ違うのぼり旗を立てる

同系色ののぼり旗の中に異なる色ののぼり旗を立てることで、目立たせることができ、内容のアピールに繋がります。

*のぼり旗の間隔

のぼり旗とのぼり旗の間隔は、1m80cmにするのが良いと言われています。
この間隔は、人の歩幅にあった感覚であり、ドライバーや歩行者にとってのぼり旗の内容を認識しやすいそうです。

□まとめ

今回は、のぼり旗の集客効果を高めるおすすめの設置方法についてお伝えしました。
のぼり旗を設置する際は、店舗にあったデザインや配置の工夫をすることで、効果的なアピールにつながることが分かっていただけたかと思います。

当社では、のぼり旗のご注文を1枚からデザイン無料で承っております。
のぼり旗の製作をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です