のぼり旗と台風

事故やトラブルを防ぐ!のぼり旗の強風に対する対策!

「台風が接近しているので、のぼり旗を守るための対策を取りたいが、なにをすればいいのかわからない。」
「強風が吹いても、のぼり旗の安全性を維持するためには、どうしたらいいのだろう。」
など、のぼり旗の強風対策について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、のぼり旗の強風に対する対策について、ご紹介します。

□強風対策が必要な理由

*宣伝効果をあげるため

強風が吹くと、デザインされている布が巻き上がったり、巻き付いたりしてしまいます。
そのような状態では、のぼりに書かれているデザインや文字が見えません。
お店やイベントの情報を伝えるという、のぼり旗本来の役割を果たすためには、対策を講じる必要があります。

*トラブルや事故を防ぐため

強い風が吹くと、旗のポールが土台ごと転倒してしまう可能性があります。
また、ポール自体が折れてしまうかもしれません。
転倒したり、折れたりする瞬間に周囲に人がいると大変危険です。
また、風によってのぼり旗が歩道や道路に運ばれ、横たわった状態が続くと、交通の妨げになり、トラブルを引き起こします。

□強風対策

*土台の重量を重たくする

のぼり旗の転倒を防ぐために1番効果的な方法は、しっかりした土台にすることです。
土台の形は様々ですが、選ぶ際の判断基準に重さを入れることをおすすめします。
ただし、重い土台は持ち運びが困難です。
そのため、設置した後に土台部分に水を入れて重さが変えられる、注水のものを利用することもおすすめです。

*巻き付き・巻き上がり防止のグッズを使う

巻き付き方がひどい場合は、ポールから1度外して直す必要があります。
数本を直すときはいいですが、大量に直すには手間も時間もかかるため、防止グッズを利用することがおすすめです。
ポールを通しているひもの部分を固定することで、巻き込みを防ぐグッズなどがあります。

*屋内に移動させる

手間がかかる方法で、風が吹くときに毎回移動させることは困難ですが、確実に安全性を高めることができます。
台風など、強い風が吹くことが予測できる場合は、移動させると良いでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗の強風対策について、ご紹介しました。
お店の宣伝をするために使用されるのぼり旗は、強風によって事故やトラブルの原因になってしまう場合があります。
トラブルで、お店の信用を失わないためにも、対策はとても重要です。
この記事を参考に、強風対策を取られてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です