のぼり旗の作り方

お店の宣伝にのぼり旗を使いたい方へ!のぼり旗の作り方!

「お店の前にのぼり旗を設置したいと思っているが、どのように作ったらいいのだろう。」
「独自のデザインでのぼり旗を作りたいが、作り方がわからないため教えてほしい。」
など、のぼり旗の作り方について、お悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、のぼり旗の作成方法についてご紹介します。

□のぼり旗の作り方

のぼり旗を作成するためには、大きく2つの方法があります。
1つ目は個人で手作りする方法、2つ目はのぼり旗の作成を専門に行っている業者に依頼する方法です。
それぞれの方法を、メリットとデメリットをふまえて、ご紹介していきます。

□手作りする方法

*作り方

風でなびいて文字が見えなくなることを防ぐため、適度な重みと厚さがある布を用意しましょう。
また、文字や絵を描くためのアクリル絵の具と筆、布製のテープなども用意しましょう。
布を必要な大きさにカットして、お好みの絵や文字を書いていきます。
このときに、図案や文字の見本を準備すると良いでしょう。
次に、布製のテープをカットし、輪っか状にしたものを布につけます。
最後に、その輪っかにのぼり竿を通したら完成です。

*メリット

身近なもので作成できるため、費用が少なくて済みます。
また、自分の思い通りのデザインができ、手作り感満載の旗が見る人の興味を引くかもしれません。
さらに、急に必要になった時にも作成できます。

*デメリット

1枚1枚布にデザインを描いていく作業は、時間がかかります。
たくさんののぼりを作成したい場合は、本当に大変です。
また、絵や文字を書くことに自信がない人には、難しい作業でしょう。

□業者に依頼する方法

*依頼する方法

のぼり旗の作成を行っている業者のお店に直接来店するか、ネットから作成を依頼できます。
デザインに関しては、業者に任せることもできますし、希望するデザインを伝えることもできます。
基本的に業者側からデザインの案が提示され、納得のいくものであれば注文をします。
デザインが決まれば、のぼり旗のサイズ、数量を伝えましょう。

*メリット

のぼり旗に合ったレベルの高いデザインの旗を作成できます。
布や塗料なども、旗専用のものが使われるため、耐久性が手作りのものに比べ格段に高いです。
また、たくさんののぼり旗を作成してもらえます。

*デメリット

作成には、多少時間がかかります。
スケジュールに余裕をもって依頼をしましょう。
また、手作りに比べると費用が高くなる傾向にあります。

□まとめ

今回は、のぼり旗の作成方法について、ご紹介しました。
のぼり旗は人目につくところに設置すると、高い宣伝効果が期待できます。
大量に作成したい方には、業者に依頼することをお勧めします。
当社はオリジナルデザインののぼり旗を専門的に作成しています。
のぼり旗について詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です