のぼり旗のメリット

のぼり旗は看板より使いやすい?のぼり旗のメリットとは!

「のぼり旗を作ろうと思っているけれど、本当に役に立つのかな」

「のぼり旗を使うとどんなメリットがあるんだろう」

そのようにお悩みの方はいませんか?

お店やセール情報などをたくさんの人にお知らせするには、人目に付きやすい宣伝方法が必要です。

お店のアピールと聞いて初めに浮かぶのは、看板ではないでしょうか。

しかし実は、のぼり旗でのアピールもとても有効な方法なのです。

そこで今回の記事では、のぼり旗のメリットについてご紹介します。

□看板よりのぼり旗!そのメリットは?

*看板を作るよりもお手頃価格!

雨が降っていると傘をさす人が多いため、高い位置にある看板などが見えにくくなります。
雨だからこそ、色鮮やかで低い位置にあるのぼり旗に、目がいくことが増えるでしょう。
そのため、サービスや情報に興味を持ってもらえる可能性も高まります。
雨の日こそ、のぼり旗を出すことが大切です。

看板を作るとなると、大きなコストがかかる可能性があります。

看板のサイズにもよりますが、10万円を超えるのはよくあることです。

もしいくつかの種類の看板を作るとしたら、それだけでかなりのコストになってしまいます。

かけたコストに対する宣伝効果を考えると、店名の看板などではない限りはコストパフォーマンスが高いとは言えません。

一方でのぼり旗なら、看板よりぐっとコストを押させて制作することができます。

1枚当たりのコストが看板ほど高額ではないため、キャンペーンやフェアなどの売り出したい情報に合わせてのぼり旗を使い分けられます。

*スムーズに移動・交換ができる

のぼり旗に雨が当たると、デザインを描くために使われているインクが滲む可能性があります。
インクが滲んだのぼり旗の印象は良くないでしょう。
せっかくの宣伝を行うのぼり旗が、お店の印象を悪くしては元も子もありません。
また、生地は消耗品のため、雨から受けるダメージを防ぐことが大切です。

のぼり旗の大きな特徴は、機動性に優れている点です。

看板の場合、あまり手軽に場所を移動させられません。

無理に力の弱い方が移動させると、思わぬ事故につながるおそれもあります。

のぼり旗なら軽く持ち運びやすいため、力の弱い方でも簡単に移動させることができます。

さらに保管するのに場所を取りづらいのも、限りある敷地を使ううえではうれしいポイントです。

*外から目につきやすい

ほとんどののぼり旗で使われている生地は、ポンジと呼ばれる生地です。
ポンジ生地には、水に比較的強く、乾燥するのも早いという特徴があります。
しかし、屋外で風雨にさらされると3か月ほどで寿命を迎えてしまいます。
そこで、テトロントロピカルと呼ばれる、厚さがポンジの2倍の生地がおすすめです。
耐候性が高く、1年程度使用できると言われています。

のぼり旗は敷地内の道路側に置かれることが多く、人目に付きやすいのも特徴です。

看板であれば、人目につきやすくするにはサイズを大きくする必要があります。

一方でのぼり旗なら、コンパクトにより多くの人に注目してもらえるのです。

キャンペーンやセールなどの時期が限られた情報は、歩行者やそばを運転する人の目にできるだけ多く触れることが重要です。 通りに面した場所にのぼり旗を設置することで、より人の目に触れるようになりますよ。

□まとめ

この記事では、のぼり旗を使うメリットを看板使用時と比較しながらお話しました。

たくさんの人の目にとめてもらうためにも、お店を積極的にアピールするのはとても重要です。

手軽に作れて取り扱いがしやすいのぼり旗なら、比較的小さな労力で大きな宣伝効果が生まれますよ。

当社では、のぼり旗のデザインや制作を承っております。

ご検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です