のぼり旗を利用するメリットとデメリット

のぼり旗って実際どうなの?のぼり旗のメリットとデメリットを教えます

「集客や宣伝のためにのぼり旗を利用するメリットとデメリットは?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて今回は、のぼり旗を利用するメリットとデメリットの両方をご紹介します。

□メリット

*安い

のぼり旗は、依頼する業者や依頼内容によって差はあるものの、1枚当たり1,000~5,000円と、看板などに比べて非常にコスパがいい広告媒体です。
大きな看板を作ると数十万円かかることを考えると、のぼり旗は非常に安いので、デザインを変えたりして何本も作ることができるのもメリットでしょう。

*手軽である

看板を設置する際には、業者に設置を依頼したり、設置できるスペースを見つけたりと、何かと手間がかかります。
一方のぼり旗は、軽いので女性でも簡単に設置できますし、自治体のルールはあるものの、ある程度自由な場所に設置することができます。
また、内容を変更したくなった時には、のぼり旗のデザインだけ変えて再び製作すれば、すぐに変更できるのものぼり旗のメリットでしょう。

□デメリット

*情報量が少ない

のぼり旗は、シンプルで通行人の目に留まりやすいことが強みですが、言い換えれば、伝えられる情報量が少ないというデメリットがあるとも言えます。
その一方で、看板やポスターは、のぼり旗に比べて比較的情報量を多くしてもそれほど問題はありません。
集客・宣伝効果を上げるためには、のぼり旗・看板・ポスターなどをうまく使い分けて、デメリットを補い合うとよいでしょう。

*風に弱い・裏面が見える

これはのぼり旗の宿命と言えるかもしれませんが、のぼり旗は風に弱く、強風の中では文字が判読しにくいというデメリットがあります。
また、片面印刷ののぼり旗では、裏から見ると鏡文字になってしまい、判読が難しいと感じる方もいるでしょう。
両面印刷ののぼり旗を提供している業者もあり、裏面が見えるというデメリットについてのそれなりの対応はできますが、風に弱いことは、のぼり旗を使用するにあたって受け入れるしかないことなのかもしれません。

□まとめ

のぼり旗のメリットは、安くて手軽であることで、デメリットは、情報量が少ない上に、風に弱く裏面が見えることであるといえるのではないでしょうか。
のぼり旗・看板・ポスターなどの広告媒体には、それぞれメリットとデメリットがあるので、目的に応じてこれらをうまく使い分けることが、集客や宣伝には大切でしょう。
のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です