のぼり旗製作を依頼する際の注意点

これだけは知っておきたい!のぼり旗製作を業者に依頼する際の注意点

「のぼり旗製作を業者に依頼したいけど、その時の注意点は?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて、今回は、のぼり旗製作を依頼する際の流れをご紹介します。
のぼり旗製作は、既存の製品を購入するのとは異なり、自分の作りたいものを業者に伝えて作ってもらうことになります。
ですから、そのプロセスにおいて様々な注意点があります。
のぼり旗製作で失敗しないように、以下の注意点を意識して依頼するのがよいでしょう。

□デザインの注意点

のぼり旗製作を業者に依頼するとなると、まずは大きさ、色、文字などのデザインを決めることになるでしょう。

*デザインはどこまで依頼できるか

のぼり旗を手書きデザインから依頼できるのか、あるいは何もなしでも一からデザイン考案を依頼できるのか、などは事前にチェックしておくと依頼すべき業者が絞られてきます。

*デザイン修正はいくらかかるか

のぼり旗のデザインを業者に依頼する際、業者の作ったデザインに納得がいかない場合があるかもしれません。
そのような場合にはデザイン修正が必要になってきますが、デザイン修正は何回まで無料で、何回目以降に何円かかるのかを知っておかないと、修正料金で思わぬ請求をされてしまうかもしれないので、修正料金の確認をおすすめします。

*出来上がり予想や見本があるか

「実際にのぼり旗が完成してみたら、思っていたのとは違った。」
といったケースは少なくありません。
完成後にショックを受けないためにも、事前に出来上がり予想や、過去に製作したのぼり旗の見本を見せてもらえるかを確認しておくとよいです。

□支払いの注意点

支払いの注意点は、主に見積もりが詳細かどうかという点です。
ロゴを追加したり、使用する色を増やしたりすると追加料金が発生する業者はよくあります。
後になって予想外の請求をされないためにも、見積もりが詳細で、最終的に支払うことになる金額が事前にわかるかどうかを確認しておきましょう。

□信頼の注意点

のぼり旗は、依頼主と業者のしっかりとした意思疎通があって初めて完成するものです。
ですから、信頼できるのぼり旗業者に依頼することが大切です。
具体的な注意点としては、
「出来上がりまでの日数がしっかり分かるか」
「アフターケアはどこまでしてくれるか」
「連絡は密に取ってくれるか」
を事前に確認しておくのがよいでしょう。

□まとめ

のぼり旗を業者に依頼する際、注意点はたくさんありますが、デザインや支払い(主に見積もり)の細かい部分を入念に確認し、信頼できるサービスや実績のある業者に、のぼり旗製作を依頼するのがよいでしょう。
のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です