のぼり旗の注文の流れ!

これだけは知っておきたい!のぼり旗の注文の流れ!

「のぼり旗を業者に注文しようと考えているが、注文の流れってどうなっているの?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて、今回は、のぼり旗を注文する際の流れをご紹介します。
のぼり旗の注文の主な流れは、
「使用するのぼり旗の種類の選択」
「デザインを考案」
「デザインの決定・見積もり」
の流れを踏んで、最終的に注文確定・お届けとなります。
この3つの流れを詳しく見ていきましょう。

□使用するのぼり旗の種類の選択

完全オーダーメイドののぼりを製作する場合もありますが、たいていの場合は、既存ののぼり旗の中からお好みのベースとなるのぼり旗を選択し、そこにオリジナルのデザインを載せていく形になります。

*サイズ

既存ののぼり旗の中から一つを選択する際の基準としては、600 mm×1,800 mmが最もスタンダードです。

*色数

見やすいのぼり旗にするためには、2、3色程度をメインの色として使うとよいかもしれません。

*枚数

多くの場合、たくさん注文すると1枚当たりの価格は安くなります。

*生地

ポリエステル100 %が主流ですが、様々な種類があります。

□デザインの考案

ベースとなるのぼり旗を選択した後の流れとしては、デザインの考案になります。
自分でデザインデータを作る場合は、基本的にはそれを業者に送るだけでよいでしょう。
しかし、手書きデザインからデザイン作成を業者に依頼する場合や、一からデザインを業者に依頼する場合は、電話やメールまたは直接会ってのヒアリングが必要となります。
このヒアリングでは、
「一番伝えたいことをシンプルに」
「視認性が高いデザインに」
することを意識すると、よりよいのぼり旗をデザインできるのではないでしょうか。

□デザインの決定・見積もり

デザインの修正や検討を繰り返した後の流れとしては、デザインを確定し、見積もりをしてもらうことになります。
この時、見積書が詳細であるかはしっかりと確認しておくとよいでしょう。
なぜなら、依頼する業者によっては、後から別料金を請求されたりするかもしれないからです。
最終的に支払う金額が分かるような詳細な見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

□まとめ

のぼり旗の注文の流れは主に、
「使用するのぼり旗の種類を選択」
「デザインを考案」
「デザインの決定・見積もり」
となっており、これらがすべて済んだ後、注文の確定、完成・お届けとな李ます。
この流れをしっかりと抑えた上で、様々なことに注意しながら注文をすると、トラブルなくスムーズに注文ができます。
のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です