のぼり旗を既製品にするメリット・デメリットを紹介します!

のぼり旗を既製品にするメリット・デメリットを紹介します!

のぼり旗を設置しようと考えているお店のオーナーさんは、たくさんいます。
集客効果が期待できるのぼり旗を設置して、自分のお店を繁盛させたいですよね。
そんなのぼり旗ですが、オリジナルにしようか、既製品にしようかで迷っている方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、既製品ののぼり旗にするメリット・デメリットを紹介していくので、ぜひ参考にして下さい。

□既製品ののぼり旗にするメリット

*自分でデザインを考える時間が省ける

既製品を使用する1番のメリットは、やはり自分でデザインを考える時間が省けることでしょう。
のぼり旗をオリジナルにしてしまうと、自分でデータを作成する必要が出てきます。
専用のソフトを使わないと作成できない場合もあるので、素人の方にとっては、難しいことでしょう。
また、デザインを依頼できる業者もあります。
しかし、どのようなデザインにしていきたいかは、何度も業者と相談していく必要があるので、のぼり旗を実際に設置するまで時間がかかってしまいます。
その点、既製品はデザインを考える時間が省けるので、すぐにお店に設置できます。

*費用が安く済む

既製品の方が、オリジナルに比べて費用が安く済ませられます。
お店を経営している、またはお店をこれから始めるオーナーさんは、お店の宣伝以外にも様々な費用がかかってきますよね。
その点、費用が安く済ませられる既製品は、大きなメリットがあるのではないでしょうか?

□既製品ののぼり旗にするデメリット

*オリジナリティがない

既製品ののぼり旗は、オリジナリティがないので、印象に残りづらいと思います。
特に、競合のお店が近くにある場合、そのお店と差別化できない可能性があります。
集客効果を最大に期待したいのであれば、オリジナルにするべきでしょう。

*在庫がない可能性もある

既製品ということで、在庫がない可能性もあります。
自分の気に入るのぼり旗がない時は、オリジナルののぼり旗にしてみてはいかがでしょうか?

□まとめ

ここまで、既製品ののぼり旗にするメリット・デメリットを紹介しました。
オリジナルと比べて、メリットもあればデメリットもあることが理解できたと思います。
ただ、集客効果を期待できるのは、間違いなくオリジナルののぼり旗です。
お店を繁盛させたいのであれば、出来る限りオリジナルにしましょう。
そんなオリジナルののぼり旗ですが、当社ではのぼり旗1枚からデザイン無料で制作しているので、費用が安く済ませられます。
ぜひお問い合わせ下さい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です