お店のオーナーさん必見!のぼり旗のデザインのポイントを紹介

お店のオーナーさん必見!のぼり旗のデザインのポイントを紹介!

自分のお店を宣伝するために、のぼり旗の設置を検討しているオーナーさんはたくさんいるのではないでしょうか?
のぼり旗を設置することで、集客効果が期待できますよね。
そんなのぼり旗ですが、より効果的に見せるためのデザインがあります。
今回は、そのデザインのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にして下さい!

□伝える情報は7文字以内にする

自分のお店を宣伝したいがために、のぼり旗にたくさんの情報を入れたい気持ちはわかります。
しかし、たくさんの情報を入れてしまってはかえって読みにくくなってしまい、結果的にお客さんに伝えたい情報が届きません。
伝える情報は、7文字以内にまとめることが大事です。
人が視覚の範囲内で、瞬時に認知できる文字数は7文字ぐらいと言われているからです。
伝える情報は絞って、のぼり旗に入れましょうね。

□見やすい配色を考える

色をたくさん使って派手なデザインにしても、見づらくなってしまうだけです。
見やすい配色を考えることが大事なってきます。
では、見やすい配色とはどのようなものでしょうか?
一般的には、モノトーン+1色が理想的な配色となっています。
モノトーン+1色の配色にすることで、まとまりのある綺麗な印象を作ることができます。

□イラストや写真を使う

もちろん、文字だけでも構いませんが、できることならイラストや写真を入れるべきでしょう。
イラストや写真を入れることによって、見る人にイメージが伝わりやすくなります。
イメージが伝わりやすいということは、その分認知されやすいということなので、集客に繋がります。
ぜひイラストや文字を入れましょう。

□季節や時間帯を考える

上記3つのことだけでも、効果的なデザインとなりますが、さらに集客を期待した方は季節を考えたデザインにするべきでしょう。
例えば、夏には青をベースとしたのぼり旗を作り、冬には赤やオレンジと言った暖かみのある色を入れてのぼり旗を作ることで、季節に馴染むことができます。
季節に馴染むことで、見る人の潜在的な意識に訴えかけることができるので、集客に繋がることでしょう。

□まとめ

ここまで、のぼり旗を効果的に見せるためのデザインのポイントを紹介しました。
せっかくのぼり旗を設置しても、上記のデザインのポイントが守られていないのぼり旗は、集客効果が期待できないので、必ず守るようにしましょうね。
弊社でも、のぼり旗のデザインから制作までしているので、もしのぼり旗を作りたい方がいれば、お問い合わせ下さい。
良いデザインに仕上げます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です