のぼり旗を立てる上でのノウハウ

のぼり旗を立てる上でのルールとは?専門家が効果的な立て方を伝授します!

「のぼり旗を立てるルールがわからない」

「のぼり旗に関しての守らないといけないルールを知りたい」

のぼり旗を立てるのにルールがあることを詳しく知らない方が多いと思います。

また、ルール以外にものぼり旗を立てる上でのノウハウを知っておかないと良い効果は生まれません。

そこで今回は、のぼり旗を立てるルールや効果的な立て方をご紹介します。

□許可が必要な場合

のぼり旗は、必ずしもどこでも立てて良いわけではありません。

特に、道路にのぼり旗を立てるのは法律によって禁止されています。

道路は人が歩くために作られている道のため、のぼり旗があると歩行を妨害しているとみなされます。

それでも、道路にのぼり旗を置いてお客様を呼びたいときは、道路使用許可の申請をする必要があります。

無許可で置いてしまうと法律違反となって、注意勧告をされたり撤去を要請されたりします。

申請したい場合は、近くの警察署に問い合わせましょう。

□広告の内容について

設置場所以外のルールとしては、のぼり旗に記載されている内容に気をつける必要があるポイントがあります。

お客様を店に呼び込むため、効果的な内容を記載したいと思って、むやみに日本一や世界一を掲げるのぼり旗がたまにあります。

この表現には確証がありません。

そのため、うさんくさいと思われることが多いです。

不当競争防止法に基づいて撤去を命じられる場合があります。

お客様を呼びたい場合、内容を誇張せずシンプルな内容を記載しましょう。

□のぼり旗のデザイン

のぼり旗を立てている理由の多くは、集客のためです。

集客をする上で、目立っているだけののぼり旗だけでは集客できません。

目立つ印象と同時に、おしゃれなイメージや雰囲気が良さそうだという印象を持ってもらうことが必要です。

そんなイメージを持ってもらうためには、店の雰囲気にあった色を使ったり店のロゴを使ったりすることでオリジナル性を高めましょう。

内容よりもデザインにこだわって、安心感や入りたいと思われるのぼり旗を立てることをおすすめします。

□まとめ

今回は、のぼり旗を立てるルールや効果的な立て方をご紹介しました。

ルールをきちんと守った上で、のぼり旗を効果的に立てて、お客様を集客しましょう。

当社では、のぼり旗に関するご相談を随時受け付けています。

専門家がお客様のご希望に沿った最適なプランをご提案致します。

ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です