のぼり旗のデザイン

専門家がのぼり旗のデザインを決める際のコツについて伝授します

「のぼり旗のデザインの知識について学びたい」
「のぼり旗のデザインを決める際のコツとは?」

このように、のぼり旗のデザインについて知りたい方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、デザインを決める際のコツについて知らない方も多いですよね。
そこで今回は、専門家がのぼり旗のデザインを決める際のコツについて詳しく解説します!

□はじめに

のぼり旗は屋外に設置する広告媒体の1つです。
現在では、多くの店舗が様々なのぼり旗を飾っています。
そのため、ちょっとしたデザインの工夫が大きな差につながります。
そこで、のぼり旗を目立たせるデザインのコツを以下でご紹介します。

□デザインを決める時のコツ

*季節に合わせる

季節に合わせた配色にするとのぼり旗が目立ちます。
春なら桜色、秋なら茶色といった感じです。
季節に合わせたセールなどを行う際は、特に大きな効果を期待できます。
また、クリスマスやハロウィンといったイベントに合わせた配色も効果的です。
クリスマスなら赤と白と緑、ハロウィンならオレンジといった具合です。

*文字数

人がのぼり旗を見てから店に入るまでには一定の距離が必要です。
特に、車に乗っている場合は遠くからでも内容が伝わることが大切です。
そのため、文字数を制限して文字を大きくする必要があります。
多くとも7文字以内に収まるようにすると良いでしょう。

*時間帯を意識する

のぼり旗のデザインを考える際、色は重要な要素の1つです。
そして、色の効果は時間帯によって変わります。
赤や黒といった濃い色は昼に目立ちます。
一方、夜には目立たなくなります。
そのため、夜に目立たせたい場合は白や黄色といった明るい色を配色しましょう。
のぼりを出す時間に合わせて配色することが大切です。

*設置場所を考慮する

設置場所の景観と同化しないようにすることもコツの1つです。
例えば、茶色の壁の前に茶色ののぼり旗を出してしまうと目立ちません。
同様に、街路樹の近くに緑色ののぼり旗を立てても風景と同化してしまいます。
そのため、置く場所をあらかじめ想定して配色を決めることをおすすめします。

□まとめ

今回はのぼり旗のデザインを決める際のコツについてご紹介しました。
最初にも述べたように、今ではいろんな店舗が様々なのぼり旗を使っています。
そのため、のぼり旗を目立たせる工夫が必要です。
具体的には、目立つ色を使い、文字を大きくすることがコツです。
さらに言えば、季節や時間帯、設置場所に合わせた配色にすると良いでしょう。
ぜひこの記事を参考にのぼり旗のデザインを考えてみてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です