のぼり旗のデザインのサイズ感

専門家のぼり旗のデザインにマッチしたサイズ感について紹介します!

「のぼり旗のサイズ感について知りたい」
「自分が思い描くデザインにぴったりのサイズとは?」

このように、のぼり旗のサイズ感について知りたいと思っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
のぼり旗の具体的なサイズを知ることで、使用シーンをイメージできます。
そこで今回、専門家がのぼり旗のサイズ感について紹介します。

□はじめに

のぼり旗には様々なサイズがあります。
そして、お客様が選ぶサイズによってのぼり旗の効果も変わります。
そのため、自分の思い描くデザインにふさわしいサイズののぼり旗を選ぶことが重要です。
以下、具体的なのぼり旗のサイズについてご紹介します。

□サイズ

*レギュラーサイズ

レギュラーサイズは、一般的なのぼり旗のサイズです。
縦が180センチメートル、横が60センチメートルです。

*スリムサイズ

スリムサイズは、縦が180センチメートル、横が45センチメートルです。
つまり、レギュラーサイズよりも横が15センチメートル小さいです。
このサイズは、レギュラーサイズでは、大きすぎると感じる場合に使われます。
また、立てるのぼり旗の本数を増やす際にも用いられます。

*ショートサイズ

ショートサイズは、縦が150センチメートル、横が60センチメートルです。
横がレギュラーサイズと同じサイズで、縦が30センチメートル小さいサイズです。
比較的背の低い女性層をターゲットとする場合によく用いられます。

*コンパクトサイズ

コンパクトサイズは、縦が150センチメートル、横が45センチメートルです。
以前まではあまり使われていませんでした。
しかし、近年ではコンビニを中心に注文が増えています。
お店の外観を邪魔しないため、たくさん設置できます。

*ハーフサイズ

ハーフサイズは、縦が90センチメートル、横が30センチメートルです。
屋外ではあまり使われず、屋内で使われます。
店内を歩くお客様や陳列した商品の邪魔にならないサイズです。
専用のポールが必要のため、設置する際には注意しましょう。

*ミニサイズ

ミニサイズは、縦が30センチメートル、横が10センチメートルです。
ハーフサイズ同様、屋内に適したサイズです。
そのため、レジや商品棚に設置されるケースが多い傾向にあります。

□まとめ

今回はのぼり旗の具体的なサイズについて、それぞれご紹介しました。
自分の望むデザインにふさわしいサイズがイメージできたのではないでしょうか。
お店の景観を邪魔したくない場合や、のぼり旗をたくさん設置したい場合は少し小さめなものがおすすめです。
屋外だけでなく、屋内に設置できるものもあります。
ぜひこの記事を参考に自分のイメージするデザインに合ったのぼり旗を作ってみてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です