ソフトボール大会の応援にのぼり旗

ソフトボールの大会はのぼり旗で応援!オリジナルデザインのポイントとは

「ソフトボール大会の応援にのぼり旗を持っていきたいけどデザインに困っている。」

「ソフトボールにぴったりのデザインが知りたい!」

このようなお悩みを抱えてはいませんか。

子供や自分のソフトボールチームを応援する際に、のぼり旗を使用して応援したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、どのようなデザインにすべきか、どのようにデザインすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ソフトボールの大会の応援に使えるのぼり旗のデザインについてご紹介します!

□のぼり旗をデザインする上で意識するポイント

ソフトボールの大会の応援で使えるのぼり旗のデザイン

のぼり旗で応援するためには、掲げたメッセージを相手に伝える必要があります。

そこで以下の項目を意識してみましょう。

*可読性

可読性とは、文章として認識できる度合いであり、読みやすさを表します。

*視認性

視認性とは、見たときに文字として認識できるかという度合いであり、見えやすさを表します。

*判読性

判読性とは、読み手に文章の意味が正確に伝わるかどうかという度合いであり、文章のわかりやすさを表します。

□応援で使いたいのぼり旗デザインのポイント

*色選び

応援としてのぼり旗を使う場合の色選びには、選手に自分が応援されていると思ってもらうことが大切です。

そこで色選びの際には、チームカラーを取り入れたり、ユニフォームの色と揃えたりといった選び方がおすすめです。

また、気持ちを奮い立たせるようなオレンジ色や赤色などの暖色を取り入れてみても良いですね。

ただし、背景色と文字色の組み合わせが同系統の色にならないように注意しましょう。

*文字の大きさとフォント選び

のぼり旗のメインといえば、やはり色んな想いが詰まったメッセージですよね。

このメッセージを選手に届けるためにも、文字の大きさやフォントはとても重要な要素です。

まず文字の大きさに関しては、視力0.5の人が40m先の文字を見る場合、和文字で16cm以上、英文字で12cm以上の大きさの文字が適しているというガイドラインを国土交通省が設定しています。

また、フォントに関しては、短い言葉で強い印象を与えたい場合は太めのフォント、明るく元気なフレーズを際立たせたい時はポップなフォント、固い言葉をダイレクトに伝える場合は真面目な明朝系フォントがおすすめです。

□まとめ

今回は、ソフトボールの大会の応援で使えるのぼり旗のデザインについてご紹介しました。

のぼり旗のデザインをどのようにすべきかお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

当社では、その他にも様々なデザインののぼり旗製作を行なっております。

もしのぼり旗の製作にについてお悩みでしたら、ぜひ当社を利用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です