両面のぼり旗

両面印刷下のぼり旗の効果について説明します!

両面印刷ののぼり旗についてご興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
確かに、両面印刷で集客の効果が変わるのかと疑問があるかもしれません。
そこで今回は、のぼり旗を両面印刷することによって、得られる効果について紹介します。

□両面のぼり旗について

両面のぼり旗は、限られた空間に適していると言えるでしょう。
 両面のぼり旗は、遮光生地に両面印刷するため、裏表で異なるデザインになります

*限られた空間で使おう

普通ののぼり旗は軒先の屋外で使用することが多いですよね。
その理由は、車通りが多い場所では、車から見えるからです。
また、一つの目印として使われているからです。
しかし、両面のぼり旗は、限られた空間に適していると言えるでしょう。
両面のぼり旗は、遮光生地に両面印刷するため、裏表で異なるデザインになります。
裏面の文字反転がないため、裏表どちらからも読みやすいことがメリットです。

*二つの情報を伝えられる

両面のぼり旗は、表と裏でデザインを変えられます。
そのため、表面は男性向けのサービス、裏面は女性向けのサービスといったより多くの対象に情報を伝えられます。
記事が厚手になるため、耐久性にも優れており、長持ちすると言えるでしょう。

*チチの位置で表裏を判断

ポールを通すチチは、表面から見て左側にあります。
両面を同じデザインにする場合は、どちらでも構いません。
しかし、両面を異なるデザインにする場合は注意しましょう。
また、チチは反対側にも取り付けられます。
そのため、のぼり旗は場所を選ばず使用できるでしょう。

*仕立て補強について

のぼり旗は長く使いたいですよね。
長期間のぼり旗を使用するためには、耐久性をあげる必要があります。
その際には、「3つ巻き縫製」といった仕立て方がおすすめです。
裁断した生地の端を折り返すため、生地の端が丈夫になるでしょう。

*印刷生地について

両面印刷でよく使われるのが、蛍光スエードと呼ばれる生地です。
反対面が透けず、どちらの面からでも独立して見えるでしょう。
印刷の面積が2倍になるため、両面印刷ののぼり旗は集客効果をしっかり発揮できます。

*設置が簡単

のぼり旗はポールとスタンドがあれば、簡単に設置できます。
そのため、手軽に宣伝できる広告として、両面のぼり旗は人気と言えるでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗を両面印刷することによって、得られる効果を紹介しました。
両面印刷ののぼり旗の効果や印刷生地、補強の方法をご理解いただけたでしょうか。
当社では、のぼり旗についてのご相談を受け付けております。
のぼり旗の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です