のぼり旗のアイキャッチ効果

見落としがち?のぼり旗のアイキャッチ効果を高めるための注意点とは?

「のぼり旗を作ろうと考えているが、アイキャッチ効果を高めるにはどうしたらいいのだろうか?」
と疑問に思っている店舗オーナーや経営者の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて今回は、のぼり旗のアイキャッチ効果を高めるための注意点をご紹介します。
まず、「アイキャッチ」という言葉は、「人の注意をひきつけること」を意味します。
のぼり旗の強みは何といっても、その「アイキッチ効果の高さ」でしょう。
このアイキャッチ効果をより高めるには、「デザイン」と「設置方法」の両方を工夫することが非常に大切です。

□デザインの注意点

デザインはアイキャッチ効果を高めるのに非常に重要です。
遠くからのぼり旗を見る人もいれば、車や自転車に乗りながらのぼり旗を見る人もいます。
このような多くの人の目に留まるのぼり旗を作るためには、以下の項目に注意するとよいでしょう。

*文字や配色

遠くから見てもわかりやすいように大きな文字で、インパクトを与えるためにも、メインの文字は最大でも6、7文字程度にするのがよいでしょう。
また、配色によってもアイキャッチ効果は大きく変わってくることも注意点です。
「風景と同化しない配色」、「メインの色は最大でも2、3色」、「黒は夜に見えづらいことを考慮する」など、具体的な注意点はいくつもあるので、取り入れられる注意点は積極的に取り入れるようにしましょう。

*イラストや写真

アイキャッチ効果を高めるという点では、イラストや写真を取り入れるのも効果的です。
インパクトのある写真や、季節感のあるイラストを用いることで、アイキャッチ効果を高めるのも一つの手でしょう。

□設置方法の注意点

アイキャッチ効果を高めるためにデザインを工夫する方は多いのですが、設置方法までしっかりと工夫できている方は少ないのではないでしょうか。
設置方法まで工夫できていない方は、以下の注意点を意識してみてください。

*場所は適切か

デザインの注意点でも触れましたが、例えば、のぼり旗の色が壁などの色と同化してしまうと、のぼり旗のアイキャッチ効果が低下してしまいます。
人を呼び込むのに本当にその場所に設置していてよいのか、もう一度考え直してみるとよいでしょう。

*本数・間隔は適切か

のぼり旗を立てる場合、複数本同時に立てる場合があるでしょう。
そのようなときは、本数や間隔にも注意してみてください。
例として、ショールーム会場にお客さんを呼び込みたいのなら、のぼり旗で家が隠れないように、のぼり旗の本数と間隔を調整するとよいでしょう。

□まとめ

のぼり旗のアイキャッチ効果を高めるには、主にデザインと設置方法の注意点に着目するのがよいでしょう。
のぼり旗を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度当社をご検討ください。
のぼり旗を中心に横断幕、応援幕などのデザイン、印刷を行っております。
手書きのデザインしかなくても、のぼり旗を作成することが可能です。
のぼり旗のデザイン、印刷のことならお任せください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です