のぼり旗の土台には

のぼり旗の土台の種類について解説します!

「のぼり旗の土台にはどのような種類があるのかな。」
「それぞれの土台の特徴について詳しく知りたい。」
のぼり旗を使用したいとお考えの方で、どのような土台があるのか気になっている方はいらっしゃいませんか。
のぼり旗の土台にはいくつか種類があり、それぞれ特徴も違います。
そこで今回は、のぼり旗の土台の種類とそれぞれの特徴について詳しく解説します。

のぼり旗の土台の種類
のぼり旗の土台の種類

□のぼり旗の土台の種類とそれぞれの特徴

*コンクリート製の土台

コンクリート製の土台は、比較的安価であり、のぼり旗をしっかりと固定できるといった特徴があります。
また耐久性にも優れているのも、コンクリート製の土台のメリットです。
基本的に屋外で使用されることが多いです。

*注水型の土台

注水型の土台は、ポリエチレン製のスタンドに水を入れたものです。
水の重さを利用しているので、安定させられるといったメリットがあります。
また、のぼり旗を使用しないときは水を抜いて軽い状態で管理できるのも注水型スタンドの特徴です。
一方で、冬場など寒い時期に水を凍結させないようにしなくてはならないことは知っておきましょう。
こちらの土台は、室内と屋外のどちらでも使用されます。

*鉄板型の土台

鉄板型の土台を利用する最大の特徴は、薄いのでスペースを取らないことです。
また、軽いので移動させやすいといったメリットがあります。
しかし、軽くて固定しきれないといったデメリットも把握しておきましょう。
使用する際は、なるべく重りを使用して固定することが大切です。
鉄板型の土台は、基本的に室内で使用されます。

*折りたたみ型の土台

のぼり旗の土台には、折りたたみ型の土台もあります。
折りたためるので、保管する際にスペースを取らないといったメリットがあります。
しかし、鉄板型の土台と同じく軽い製品が多いので、重りと併用することをおすすめします。

*杭打ち込み型の土台

杭打ち込み型の土台は、地面にしっかりと固定できるのが特徴です。
また、軽い製品が多いので、管理するのが容易です。
しかし、杭を打つため基本的に屋外の限られた場所でしか使用できません。
そのため、使用する場所が決まっている場合におすすめです。

□まとめ

今回は、のぼり旗の土台の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。
のぼり旗を作る際、旗のデザインはしっかりと考えられていても、土台は軽く考えられることが多いです。
土台によって特徴が違うので、それらを把握した上で気に入ったものを選びましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です