のぼり旗のサイズの目安について

適材適所!のぼり旗のサイズの目安についてご紹介します!

「のぼり旗を作りたいけど、どのサイズがふさわしいのかわからない…」
「のぼり旗のサイズにはどのようなものがあるの?」

多くの方は、のぼり旗を注文する際にサイズに関してお悩みをお持ちです。
実はサイズごとに適した場所があるのです。

今回は、のぼり旗の注文をお考えの方に向けて、のぼり旗のサイズの目安についてお話しいたします。

□のぼり旗のサイズの目安

主なのぼり旗のサイズは、6つあります。

*600mm×1800mm

600mm×1800mmは、一般に「レギュラーサイズ」と呼ばれています。
こののぼり旗が最も主流です。
レイアウトのバランスが非常によく、コストパフォーマンスに優れたサイズです。
また、このサイズは屋外の設置に適しています。
その高さと幅から、遠くからでも見えやすいというメリットがあります。

*450mm×1800mm

450mm×1800mmは、一般に「スリムサイズ」と呼ばれています。
特徴は、細長いことです。
そのため、狭い場所での設置に向いています。
例えば、路地のような細い道や、屋内の廊下において使いやすくなっています。
また、多くの本数を立てる際にもこのサイズを並べることで、見栄えが良くなります。

*600mm×1500mm

600mm×1500mmは、一般に「ショートサイズ」とも呼ばれます。
ショートサイズの横幅は、600mmとレギュラーサイズと同様です。
しかしながら、縦の長さがレギュラーサイズよりも30cm小さくなっております。
したがって、店舗の景観を守りたい場合や、のぼり旗の横を歩く方や女性の方からの認識を得るのに、最適なサイズです。

*450mm×1500mm

450mm×1500mmは、一般に「スリムショートサイズ」と呼ばれております。
ショートサイズとスリムサイズからそれぞれ縦横のサイズを選んだものです。
使用されるのは、スリムサイズやショートサイズと同様の場面です。

*900mm×2700mm

900mm×2700mmは、一般に「ジャンボサイズ」と呼ばれております。
ジャンボサイズの特徴は、その大きさです。
レギュラーサイズの1.5倍の大きさであるため、非常に目立ちます。
したがって、公園や展示場といった広い空間で宣伝をする場面で用いられます。

*100mm×300mm

100mm×300mmは、一般に「ミニサイズ」と呼ばれております。
その小ささから、卓上に乗せた宣伝や、商品棚のPOPとして利用するのに最適です。

□まとめ

今回は、のぼり旗のサイズの目安についてお伝えいたしました。
それぞれのサイズには特徴があるため、その特徴に応じた相応しい場面で利用してみてはいかがでしょうか。

当社では、のぼり旗の作成のご注文を承っております。
また、手書きのデザインをのぼり旗に使用できます。
のぼり旗のご注文をお考えの方は、ぜひ当社へご連絡ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です