のぼり旗の雨によるダメージ

知っておくべき!のぼり旗の雨に対する対応策とは?

「街中でよくのぼり旗を見かけるが、どのような目的で設置されているのだろう。」
「お店の宣伝やイベントの宣伝のために、のぼり旗を取り入れようと考えているが、どのような効果があるのだろう。」
など、のぼり旗はどのような影響を与えるかについて、疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、のぼり旗の役目や効果について、ご紹介します。

「のぼり旗は屋外でよく見かけるけれど、雨に濡れても大丈夫なのかな?」
「のぼり旗をできるだけ良い状態で保つには、雨の当たらないところに設置すべきなのかな?」
など、のぼり旗における雨事情について、疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
今回は、のぼり旗の雨への対応策についてご紹介します。

□なぜ、雨への対応策が必要なのか

*宣伝効果を高めるため

雨が降っていると傘をさす人が多いため、高い位置にある看板などが見えにくくなります。
雨だからこそ、色鮮やかで低い位置にあるのぼり旗に、目がいくことが増えるでしょう。
そのため、サービスや情報に興味を持ってもらえる可能性も高まります。
雨の日こそ、のぼり旗を出すことが大切です。

*のぼり旗の寿命を延ばすため

のぼり旗に雨が当たると、デザインを描くために使われているインクが滲む可能性があります。
インクが滲んだのぼり旗の印象は良くないでしょう。
せっかくの宣伝を行うのぼり旗が、お店の印象を悪くしては元も子もありません。
また、生地は消耗品のため、雨から受けるダメージを防ぐことが大切です。

□雨への対応策

*耐候性の高い生地を使用する

ほとんどののぼり旗で使われている生地は、ポンジと呼ばれる生地です。
ポンジ生地には、水に比較的強く、乾燥するのも早いという特徴があります。
当サイトの商品であれば、屋外でも1年以上の耐候性があるため、安心して使用していただくことが可能になります。

*撥水加工をする

撥水加工を行うと、雨から受けるダメージを抑えるだけでなく、汚れがつくことも防げます。
また、この方法だと生地の厚みは変わりません。
必要以上に厚くなることがないので、のぼり旗独特の軽やかな揺らめきが失われません。
撥水加工には、ラミネートコーティングと呼ばれるものもあります。
この加工を行うと、生地に水は一切侵入せず、形が崩れることもありません。

*強い雨の日や台風時などに設置しないようにする

雨によるダメージは特にはありませんが、長期間利用していただくためには、強い雨の日や台風、強風などの際に屋内にしまっていただくことをおすすめします。
またマナーとして雨の日はのぼり旗をしまっていただくこともおすすめしておりますので、雨の日の設置方法に関して気になる方がいらっしゃいましたら専門の業者や運営サイトにお問い合わせしていただくとよいでしょう。

□まとめ

今回は、のぼり旗の雨への対応策についてご紹介しました。
のぼり旗を長期的に使うためには、雨への対応策が必須です。
この記事でご紹介した方法を参考に、雨のダメージからのぼり旗を守りましょう。
そして、ずっとキレイなのぼり旗を実現しましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です