冬のクリスマス

注目を得るためには?のぼり旗のデザインのコツをご紹介します!

「通行人の目をひくような、のぼり旗をデザインするコツが知りたい!」
「のぼり旗をデザインする際のポイントやコツはあるの?」

のぼり旗を作成する際、皆さんはどのような点に気をつけていますか?
実際に作ってみたけれども、のぼり旗の効果を感じられない方も多くいらっしゃるはずです。

今回は、のぼり旗の作成をお考えの方に向けて、のぼり旗をデザインする際のコツについてお話しいたします。

□デザインのコツ

*その1:配色を考慮する

一年を通じて、同じのぼり旗を使用することは得策ではありません。

季節やイベントに合わせて、のぼり旗を変えてみてはいかがでしょうか。
例えば、冬のクリスマスであれば「赤」や「緑」が特有の色です。
クリスマスに相応しい商品を売り出すには、これらの色を用いることで統一感が出ます。

また、目立つ色を使用することも非常に効果的です。
効果的な配色は、カラーチャートで互いに相反する2色です。
相反する2色は「暖色」と「寒色」であり、後者により前者が目立つという仕掛けです。

季節の色や色の組み合わせを考えることで、より一層、通行人の認識を得られます。

*その2:文字数を抑える

伝えたいことが沢山あることを理由に、のぼり旗に多くの文字を使用していませんか?
実は、多くの文字を使うことは逆効果です。

のぼり旗の文字で大切なことは、遠くから見ても認識できることです。

文字数が少なければ、文字のサイズは大きくなります。
文字数が多ければ、当然サイズは小さくなります。

どちらが、文字を認識しやすいかと聞かれれば、もちろん前者です。
本当に伝えたい言葉や文字を選定することで、より効果を得られます。

*その3: フォントに工夫を凝らす

文字の数だけでなく、文字のフォントに工夫を凝らすことも大切です。

例えば、丸い文字にすることで、その可愛らしさから女性の受けが良くなる場合があります。

このように、対象を絞った上でその対象に相応しいフォントを選ぶことで、集客の効果が高まることもあります。

□まとめ

今回は、のぼり旗をデザインする際のコツについてお伝えいたしました。

のぼり旗のデザインのコツは、ターゲットの認識を意識することです。
配色や文字の数、サイズ、フォントに工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか。
見づらいのぼり旗よりも見やすいのぼり旗の方が集客の効果を期待できます。

当社では、のぼり旗の作成のご注文を承っております。
また、手書きによるデザインに基づいたのぼり旗の作成も承ります。
のぼり旗の制作をお考えの方は、ぜひ当社へご相談ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です