特産物フェア

特産物フェアに!目立つのぼり旗デザインのポイントとは?

「特産物フェアにぴったりなのぼり旗のデザインはどういうものがあるだろう?」
「どのようなデザインにすべきか分からない!」
このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか。
特産物フェアでは、その地域限定のオリジナリティ溢れる商品を売りますよね。
フェアの中でも目立つのぼり旗を掲げて、集客に役立てたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、どんなデザインが合うのか、どのようにデザインすべきか分からないという方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、特産物フェアを盛り上げるのぼり旗のデザインのポイントをご紹介します!

□特産物フェアで目立つのぼり旗のデザインのポイント

特産物フェアを盛り上げるのぼり旗のデザインのポイント

*伝わりやすい文字数

文字数は、のぼり旗をデザインする上で重要な要素の一つです。
何を売っているのかを通行人が分かるように、少ない文字数で表すことを意識しましょう。
まずはお客さんの興味を引くことが大切です。

*季節に合わせたデザイン

特産品には、季節によって旬がありますよね。
背景色などを選ぶ際に、季節について意識するだけでも集客効果が変わってきます。
例えばうどんであれば、通常の温かいかけうどんと冷やしうどんがあります。
一般的には暑い季節には冷やしうどん、寒い季節には温かいうどんといったように連想しますよね。
そこでのぼり旗のデザインも、夏場は寒色をメインに、冬場は暖色をメインに使うことで、季節感が増して集客に繋がります。

*目立つ配色とは

のぼり旗を目立たせるには、配色に目立つ色を選ぶべきだと考える方もいらっしゃると思います。
配色を考える上では、文字色と背景色の組み合わせを考えることが大切です。
よく分からないという方は、カラーチャート上で反対にある、補色関係にある色を選んでみましょう。
補色関係にある色同士を配色することで、よりインパクトのある見た目になります。
また、色の数を増やしてもかえって見づらくなってしまうので、色の数に関しては二色から三色の範囲で検討することをおすすめします。

□まとめ

今回は特産物フェアを盛り上げるのぼり旗のデザインのコツをご紹介しました。
効果的なのぼり旗をデザインする際には、文字数や季節感、配色、写真などにこだわってみましょう。
どのようなデザインにすべきか分からないという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社では、その他にも様々なデザインののぼり旗の製作を行なっております。
もしのぼり旗についてお悩みでしたら、ぜひ当社をご利用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です